感動する手紙の書き方

スポンサーリンク

卒業式シーズンや学年末になると誰かに手紙を書く場面が増えると思います。

その時の指導に使える画像です。

PDFはこちら

詳細は画像をご覧いただければと思います。

大きく印刷して黒板に貼っても、テレビに大きくうつしても良いと思います。また、子ども一人ひとりに配っても良いかと思います。

実態に合わせて活用してください。

 

注意点や指導上の配慮がいくつかあります。

書いてはいけないものは事前に伝える

「下ネタや人が傷つくことは禁止」どんなに正直でもこれはだめです。下品な言葉を使えば使うほど感動は薄れていきます。どうしても書きたいなら、言葉を変えるように伝えています。

❌う○ちをもらしたこともあったけれど
⭕️トイレで失敗したこともあったけれど
❌自分勝手な親でムカつきます。嫌いです。
⭕️今は腹が立つこともあるけれど、いつかお母さんの気持ちがわかるのかもしれません。
このように言葉を変えるような指導は事前にしています。事前にです。そうしないと「正直に書けって言ったじゃん!」と言われます。はじめが肝心です。

教師は手紙の内容を読まない

私は手紙に関して内容のチェックはしません。読みません。書き方だけ教えます。「先生が読む」となると正直な気持ちを書かなくなってしまいます。もちろん子どもたちから要望があったり、質問があったりすれば読みますが、基本的には「先生は手紙の内容は読まないので、正直な気持ちを書きましょう。」と伝えています。

あくまで参考であること

この画像を見せなくても書ける子は書けます。「あくまで参考だから、書きたいことが決まっているならこれ以外にも書いていいよ。」と伝えています。そのため、私は子どもたち全員に配ってはいません。黒板に貼って、「こういう順番で書くとわかりやすいし、感動する文章になるよ。」と教えています。

 

結婚式の手紙にも使えるかもしれません。今回は保護者に送ることを想定して作っていますが、先生やコーチなど別な方に書く場合でも使えますね。

様々な形で活用していただければ幸いです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました