係活動どうする?会社方式Aはどうですか?

スポンサーリンク
さくさく仕事術

きました新学期!

でも、コロナの影響でどうなるかわかりませんね。早く収束して欲しいなあ。

 

さて、今回のテーマは係活動です。

係活動は、特別活動の中に位置付けられています。

詳しいことは置いておいて、どんな係活動にするのか、それが今回のテーマです。

 

 

まず、係活動と当番活動を一緒にしてはいけません。

明確に違います。

当番活動は、学級運営上必要となるもの

給食当番や掃除なんかがこれですね。

係活動は絶対必要では無いけれど、あったら学級がよくなるもの。

 

だから、よくある「黒板消し係」「給食台ふき係」なんていうのは、ちょっとおかしいのです。

 

ということで、係活動を会社方式でやる人が多いですね。

私も今年はこれでやっていこうと思っています。

どんなやり方かというと、

①学級にあったら良いなと思えることは何か意見を話し合い、出させる。

②メンバーを集め、会社のポスターを書く。(2人以上で会社設立)

ポスターには最低、「会社名」「仕事の内容」「メンバー」「意気込み・約束」の4つは記入するようにする。

③生活しながら実施していく。

④数週間・数ヶ月ごとに振り返る時間をとり、約束が守られているかシールを貼り合う。

守られている→ゴールド企業シール

守られていない→ブラック企業シール

⑤・ゴールド企業シールが○枚以上の時は、感謝状をプレゼント(○の数はクラス人数によって変更)

・「活動日数・期間が少ない。活動していない。」「約束が守られていない。」などでブラック企業シールが○枚以上ある時は倒産。別な会社を作るか、他の会社に入れてもらう。

・ゴールド企業シールとブラック企業シールは相殺できる。

などのルールで実施していく。

 

違いにブラックシールを貼るのは、場合によっては学級の不和をうむかもしれません。

ブラック企業シールなしでも、シールの数で倒産などをしても良いかもしれませんね。

実際、倒産するような場合はその会社の子たちも「倒産するだろうな。あんまりやってないし。」と思っています。ただ、人に言われたり、シールを貼られると腹が立つ子もいるかもしれません。あんまり気にする必要もないかもしれませんが。

 

係活動は、この学級で役に立っている!という所属感や自己有用感、やりがいなどを感じさせるための活動です。

 

個人的には、この会社方式は中学年までかなと思っています。高学年なら「〜会社」ではなく「〜プロジェクト」の方がカッコ良く感じるので、人気になると思われます。

中学年には楽しさに重点をおいて、高学年にはやりがいとカッコよさに重点をおいて、やっていくと良いですよ。

 

とりあえず、なんでもやってみよう!

 

この記事を書いた人
桜宮 翼

小学校教員☆チョコミント大好き人間
好きなこと:DIY、効率的に働くこと
苦手なこと:絵を描くこと(アイコン募集中)
憧れの教師、理想と現実のギャップに日々奮闘中
働きながら、おかしいと思うところがあり、働き方改革・部活動問題に興味を持ち始める。効率と法律重視
子どもにとっても、先生にとっても、効率的な働き方で、さくっとサクサク♪楽しい学校生活を送っていきましょう!

桜宮 翼をフォローする
スポンサーリンク
さくさく仕事術 授業案・学級経営
シェアする
桜宮 翼をフォローする
さくさくブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました