世界的画家からのアドバイス付!図工鑑賞ワークシート

スポンサーリンク

今回は図工の鑑賞のワークシートです。

使う場面に合わせて3種類用意しました!!

お好きなものをダウンロードしてください。


子どもたちが少しでも楽しく鑑賞でき、かつ自分の感じたことを表現しやすいようにしました。

世界的画家と呼ばれるピカソ、ゴッホ、葛飾北斎の3人からのアドバイスという形で、感じとって欲しいポイントを記しておきました。

ちなみにピカソの本名は、

パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ホアン・ネポムセーノ・マリーア・デ・ロス・レメディオス・クリスピン・クリスピアーノ・デ・ラ・サンディシマ・トリニダード・ルイス・イ・ピカソ

ゴッホの本名は、

フィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホ

だそうです。覚えられたらかっこいい!


鑑賞の授業を行う中で、一番多い困り感が「何を書いたら良いのかわかりません。」というもの。

子どもたちの気持ち、よくわかります。

「感じることはたくさんあるのだけれど、どうやって書いたら良いのかわからない。」

そんな困り感を少しでも解消し、自分の感じたことを表現してほしい、そんな思いで作成してあります。

 

具体的な使い方は以下の通り

テーマ

1つ目のワークシートにはテーマという項目をつけました。
テーマにはその日の単元の目当てを書きます。

例えば「水彩画の作品の良さを感じよう。」とかですね。ここで、鑑賞のポイントの方向性を示します。今回は「水彩画について注目すれば良いのだな。」と。ここは全員で共通のテーマです。大抵の場合、教科書や指導書に書いてあります。

 

作品名・作者

作品名と作者を記入します。

鑑賞後に作者の生い立ちなどを伝えられると良いですね。

気づいたこと・感じたこと・考えたこと

ここに鑑賞のポイントを書きます。11行あるので、7行目〜8行目までは書いて欲しいですね。

そのためのポイントが以下の「世界的画家からのアドバイス」です。

世界的画家からのアドバイス

世界的画家であるピカソ、ゴッホ、葛飾北斎の御三方からのアドバイスとして、鑑賞のヒントを提示しました。

これを事前に読んだり、書き途中に読むことで、何を書いたら良いのかのヒントにします。

どれも鑑賞のポイントとして大切なことだと思います。

場合によっては、今日は「ピカソさんの言っていることを中心に書いてみましょう。」などの言葉かけも良いと思います。

さまざまな形で使ってください。


ダウンロードはこちらからどうぞ!

画像クリックでそれぞれのPDFがダウンロードできます。画像として欲しい方は右クリックや長押しで保存できます!


画家の3人にこういうセリフを言わせたい!違うポイントが良いなという方は、こちらのセリフなし、線なし版をお使いください。ぜひポイント教えていただければと思います。

 

一度にダウンロードしたい方はこちらからどうぞ!!

3種類ひとまとめ!

3種類ひとまとめ!(セリフ・線なし)

 

皆さんのお役に立てば幸いです!

音楽の鑑賞も同じようなワークシートがあります!もしよければこちらからどうぞ!

作曲家たちのアドバイス付!音楽鑑賞ワークシート
今回は音楽の鑑賞のワークシートです。 子どもたちが少しでも楽しく鑑賞でき、かつ自分の感じたことを表現しやすいようにしました。 世界3大作曲家と呼ばれるバッハ、ベートーヴェン、モーツァルトの3人からのアドバイスという形で、感じとっ...
この記事を書いた人
さくつば一家

小学校教員の家族
働き方改革・部活動問題に興味あり。
さくっとサクサク♪楽しい学校生活を送るヒントになれば幸いです!
※こちらのブログは家族で運営中

さくつば一家をフォローする
スポンサーリンク
授業案・学級経営
スポンサーリンク
シェアする
さくつば一家をフォローする
さくさくブログ
タイトルとURLをコピーしました