いつでもどこでも誰とでも!一筆書きチャレンジ!

スポンサーリンク

【32枚セットのファイルは記事の一番下にあります。】

ちょっとした時間にできる活動、それは

一筆書きです。

以前も一筆書きについての記事を書かせていただきました。

今回の記事は訂正・最新版です!


一筆書きとは、「一度ペンを置いたら一度も離さずに図形を書くこと」です。

なんだ、一筆書きか。と侮るなかれ。
一筆書きは中学受験にも出てきます!

教師にとっては空いた時間にサッとでき、子どもにとっては遊び感覚で勉強ができる一筆書き!WIN-WINですね!


さあ、これ一筆でできますか?????

取り組んで10秒ほどで失敗、成功がわかります。

簡単に再挑戦できるので、何度もやってみたくなります!挑戦心をくすぐります。


さて、一筆書きをおすすめする理由は以下の5つ。

 

①どの学年でも楽しめる

「一度ペンを置いたら一度も離さずに図形を書く」という単純なルールなので、1年生から6年生。いえ学年関係なく楽しめます!どの学年でも「えーと。。。」と楽しみながら考えることができます。

 実は、中学受験でも出てきます。受験では、どうやって解くかのような”解き方”というよりは、「この図形は一筆書きができるかできないか」のような問題が多いですが、こういう問題を数多く解いていくことで、その法則性に気付いていくかもしれません。
②10秒でできる!
一筆書きは1分だけのちょっとした空き時間でも楽しめます。
①教師が黒板に貼って(書いて)提示する。
②子ども達が自由帳やノートの空いたスペースに書いて挑戦する。
たった2ステップなので10秒でもできます!
 短時間でできるので、授業中に「ちょっと子どもたちの反応が悪いなあ」という時や、算数の時間などで計算が早く終わった子がいる時などに「一筆書きに挑戦してみよう!」などと伝えることができます。
③学力差が出にくい
計算のスピードも記憶力も大きく影響しません。
普段は計算が遅い子、算数が苦手な子も、一筆書きではパッと解いてしまう時もあります。
普段遅い子も、みんなから「えー!すごい!」なんて言われると、自己肯定感も上がります!
こういう経験は本当に大事です!子ども同士の「すごい」本気本音です。
④子ども同士の関わりも実現可能
一筆書きは基本的に個人で行うものですが、できた子が周りに解き方を教えたり、タイムアタックにして、班ごとに黒板にかかせたり。色々な関わりが実現できます。
休み時間になっても、「えー、これどうやって解くんだろう。」「教えて教えて」「こうやってみたんだけど・・・。」などの声がたくさん聞こえてきます。
⑤応用がきく
応用がききます。
最近では自分で問題を作る子も出てきました。「先生、これはどうやって解くと思いますか?」って話をしてくれる子もいます。うれしくなりますよね。
一筆書きオリジナル問題集なんて作っても良いかもしれません。
タイムアタック、オリジナル問題披露大会、何にだって使えます!学級通信に載せて保護者と子どもの関わりの一つにもなるかもしれません。
図形の形は無限大ですから、無限大の活用ができるのです!

印刷して黒板に貼っておくだけで、メリットいっぱい!


メリットだらけの一筆書き、クラスに一枚どうですか?

32種類厳選しA4用紙1枚にまとめたものはこちらの画像をクリックするとダウンロードできます!

(一番下には32枚それぞれの画像とダウンロードデータもあります)


32枚の一筆書きそれぞれの画像はこちら

一番下に32枚セットのPDFがあります。印刷する際はこちらからどうぞ!

こちらに32種類の一筆書きのPDFを載せておきます!この中から学年やレベルに合わせて掲示するだけで、教室は大盛り上がり!ぜひ取り組んでみてください!

一筆書き(PDF)

この記事を書いた人
さくつば一家

小学校教員の家族
働き方改革・部活動問題に興味あり。
さくっとサクサク♪楽しい学校生活を送るヒントになれば幸いです!
※こちらのブログは家族で運営中

さくつば一家をフォローする
スポンサーリンク
画像1枚解決シリーズ授業案・学級経営
スポンサーリンク
シェアする
さくつば一家をフォローする
さくさくブログ
タイトルとURLをコピーしました