私の働き方改革の始まり

私は、今でこそ、働き方改革を進めようとしていますが、昔は遅くまで働く人間でした。

7時に学校について、23時に学校を出る。時には日付を周り、歩いて帰ることも。。。

そんな生活をしていました。
むしろそんな生活が自分で誇らしくて、「どうだ!私は、子供のために、一生懸命働く人間なんだ!偉いだろう!」と思っていました。

完全に麻痺していました。

日付を回ってまで働く自分。かっこいい。。。
定時で帰るなんて、おかしい!なんですぐ帰るんだよ!
人手が足りない!じゃあ、みんなで協力して乗り越えなくちゃ!
みんなで少しずつ頑張ればなんとかなる!

こんな風に考えていました!

でも、そんな考えを変えてくれた漫画があったんです。こちらです!

いかがですか?

私は今まで、人手が足りない時は、みんなで頑張れば良いと思っていました。

でも、それじゃあダメなんです!

だって、1人いなくなって、1人分の仕事をみんなで分けて、それができてしまったら、上はお金を出さないですよね!

教育だって同じです!やってしまうからダメなんです!

定時以降も働く、だからダメなんです!働けば働くほど、それがスタンダードになっていくんです!

 

今行う、「子供のため」と称したサービス労働は、未来の先生にとっては迷惑でしかないんです。

だって、本来の時間に行うことが当たり前なのですから!

 

定時以降で働くことが当たり前、積もり積もったのが、今なのです!

みなさん、45分の休憩をとって、定時で帰りましょう!それがあなたの仕事なのです。それ以降仕事をすることは、

未来の教員のため、そして、未来の子供のためにはならないのです!

それで学校が回らなくなるのは、あなたのせいではありません。

 

未来の教員を守りましょう!未来の子供を守りましょう!

あなたが無償で働けば働くほど、ダメなんです!

 

コメントお待ちしております!!

この記事を書いた人
桜宮 翼

小学校教諭
先生をもっとおもしろく、そして働きやすくするために!
みんなに学校の良さを知ってもらうために!
ブログ初心者。お手やわらかに。

桜宮 翼をフォローする
思考術
シェアする
桜宮 翼をフォローする
なんでシャーペンダメなの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました